毛について、話そう。

自分らしいスタイルを見つけよう

#BodyHairPositive TALK&MOVIE

  • PLAY MOVIE
    TALK#01

    無くしたい毛も、残したい毛もある。気分によって変わる

  • PLAY MOVIE
    TALK#02

    残す部分と剃る部分と脱毛する部分を分けていく。

自分の体が心地よくなるスタイルを見つけよう。

毛もファッションと同じで「自分らしさってなんだろう?」って迷いながら、試行錯誤した結果、自分のスタイルが見つかるはず。「まわりが全身ツルツルだから私も脱毛しなきゃ」じゃなくて、自分がコンプレックスに思うところは、まず1回剃ってみたらいいよね。それでコンプレックスが晴れるんだったらステキだし、逆に剃ってみて毛がなくなったあと「やっぱり、あの毛は個性だったな。これからは残そう」って気づけることもある。
「女性だからこうしなきゃ、男性だからこうあるべき」ってジェンダー規範にとらわれず、自分の体を自分にとって居心地のいい状態にしてあげたいよね。

自分の毛に対して愛を持てるようになれば、他人の毛もポジティブに感じられるようになるよ。決めつけたり、ジャッジしたりしないようになる。答えはひとつじゃないから自分に合った剃り方、毛のあり方っていうのを見つけてほしいな。
みんなが毛について話せる世の中になったら、もっと生きやすくなるはず。私たちの話をきっかけに「自分の毛は個性なんだ、武器なんだ」って思ってもらえたらすごくうれしい。

青山テルマ
青山テルマ(歌手)

1987年10月27日生まれ。キュートな容姿を備えつつ、鮮明かつパワフル、そして感情豊かな歌声を絶妙にコントロールする、実力派シンガー。ファッションや写真、アートと多趣味であり、そのセンスは同年代の女性から支持されている。2012年には、自身が編集長を務める、音楽・カルチャー・ファッションを題材としたフリーペーパー『DREAM PAPER』をリリース。

TALK#03

自分の毛にポジティブにいれたら、
他人に対してもポジティブになれる

コンプレックスが、チャームポイントに変わる。

私はモデルをやっていることもあって、これまで人前で毛について話したことはありませんでした。この「Body Hair Positive」のお話がきたとき、けっこう勇気のいることだなと最初は思ったんです。でも、今日の撮影のように実際に話してみると、みんな毛について悩みを持っていたことがわかりますよね。
私はおでこの生え際の産毛がコンプレックスで、ずっと隠してきました。でも、最近おでこの産毛をいかしたヘアメイクを知ったんです。そしたら「あ、これってチャームポイントなんだ!」って受け入れられて、すごく好きなパーツになりました。

毛は自分の望む通りに生えるわけではないので、それがコンプレックスにつながってしまうこともありますよね。でも、まわりと比べて「自分はだめなんだ、恥ずかしい」とマイナスに捉えるんじゃなくて、「自分の本来持っているものはこれだから、じゃあそれをいかしてどんな楽しみ方が出来るんだろう?」ってポジティブな考え方で、自分の毛を受け入れられるようにしていきたいですよね。
ひとりでも多くの方に、毛に対して向き合うきっかけになれたらうれしいです。

西内まりや
西内まりや(モデル/アーティスト)

1993年12月24日生まれ。福岡県出身。日本のトップモデルとして数々の表紙を飾り同世代から絶大な支持を得ている。ドラマや映画で俳優としても活躍。アーティスト活動では作詞作曲など、自身でも楽曲制作を手掛けている。最近ではフランスの大手シャンパーニュ・メゾンのアンバサダーを務め、海外でも活動の幅を広げている。

TALK#04

コンプレックスがカワイイと
思えるようになった

毛は、変幻自在に楽しめる自分の一部。

私は眉毛を剃るまでは「こういう眉毛だから、このファッションは似合わない」って決めつけている部分がありました。一度剃ってみたら、もう元の眉毛には戻りたくないって思うかな?とも想像していたんですが、そんなことはなくて。いままでの自分も、新しい眉毛の自分もとても好きになれたんです。
脱毛したわけではないので、すごい速度で毛が生えてきます。特に眉毛は変幻自在。だから、太眉だったらこんな服、整った眉ならこんな服って、毛に合わせていろんなファッションを楽しめるようになりました。眉毛はもちろん、二の腕と太ももの毛も好きです。ふわふわしていて気持ちいいから残しているんです。

自分で考えて「この毛はいらないな」って思うならいいけれど、でも本当は毛があってもいいなと思っているのに義務感で剃らなきゃ……となっているなら、処理せずそのまま残しておいたほうがいいと私は思います。
自分もそうでしたし、毛にコンプレックスのある方がたくさんいると思うんですけれど「Body Hair Positive」キャンペーンをきっかけに、ちょっとずつ考えが変わっていってくれたらうれしいです。もっと自由に、もっと自分らしく生きていきたいですよね。

井上 咲楽
井上 咲楽(タレント)

1999年10月2日生まれ。2015年、『第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン』ソフトバンク賞を受賞し、芸能界入り。明るく元気なキャラクターとトレードマークの太い眉毛を武器に、バラエティー番組やワイドショーなどで活躍。最近では番組内企画で”太眉”を卒業したことで話題に。

TALK#05

眉毛が太かった時と今の自分、
どっちの自分も好きになれた