仕事のベースは「人との信頼関係」。
エキスパートの集まる環境で、
自らもスキルアップ。

Sunao Takano 高野 直
EC本部 
ECストアマネジャー
2012年10月入社
カミソリやシェービング剤など、約140点もの商品を取り扱うSchick公式ストア。
今回は、シックのEC部門につとめる社員へ
インタビューを行いました。
サイトの運営や管理にあたって、
日ごろから大切にしていることや、
仕事のやりがいについて語ってもらいます。
01

お客様を身近に
感じられる仕事がしたい。
セールスの経験を経て
「EC部門」に挑戦

前職では、宿泊予約サイトの営業として無形のサービスを扱っていましたが、「より消費者を身近に感じられる、有形サービスの業界に挑戦したい」という想いから、転職を決断。そこで出合ったのが、自分にとって身近な「髭剃り」を扱う、“業界No.1ブランド”のシックだったのです。実績があるからこそ、お客様により大きなスケールの提案ができるので、自分のスキルアップにもつながると考え、入社を決めました。

入社1年目はセールス業務を担当し、その後はセールス全体を管轄する「セールスバックオフィス部門」に従事しました。入社6年目をむかえた2017年には、グローバルプロジェクトとしてEC部門の強化がテーマとなり、シック・ジャパンにおいてもマーケティング部門に新しくEC担当が付くことに。セールスやバックオフィスでの業務で磨いた“分析スキル”と、入社後に独学で身に付けた“英語スキル”を認めていただき、ECチームのアシスタントマネジャーに任命されました。

初年度に担当したのは、広告戦略の立案や実行、得意先専売品の開発などの業務です。2018年からは、シック・ジャパン初の「BtoCプラットフォームの立ち上げ」というチャレンジに、ストアマネジャーとして携わりました。ECに関するキャリアはありませんでしたが、ページビューやコンバージョンからお客様の反応や成果が感じられる点は、前職のサイト運営会社の営業経験に通じているかもしれませんね。

02

ストアマネジャーとして、
顧客ニーズに
あわせた
ECサイトの運営・管理に尽力

現在は楽天市場やAmazon、自社サイトの3店舗の運営責任者である、ストアマネジャーを担当しています。在庫管理や商品登録、販促企画の立案など、店舗運営に関わるほとんどの業務と言えるかもしれません。

シックの公式ストアでは、カミソリやシェービング剤に加え、セット商品やECサイト限定品など、シックブランド商品をほとんどすべて取り扱っています。お客様の「店舗にはないけれど、どうしてもこの商品が欲しい!」という声にもお応えできますよ。

また「提案型ストア」をコンセプトに、商品を組み合わせて提案できるのも、ECサイトの強みです。たとえば、はじめてシックのカミソリを使うお客様にとって、「●●ホルダー」という商品案内だけでは、どんな商品か分からないこともあるでしょう。そこで、「●●でお悩みの方には、こちらのセットがおすすめ」といったセット商品があると、お客様の目的に合わせて選んでいただけます。

新型コロナ禍で、ECサイトの需要にも変化が見られるようになりました。「店頭に足を運ばなくても買い物ができる」という強みだけでなく、企画を立案してから実施するまでの「スピード感」がある点も、ECサイトのメリットです。これらの強みを生かして、トレンド感のあるタイムリーな企画を実施し、常に試行錯誤を繰り返していくことが重要だと思っています。

03

すべての仕事の基礎は「人との信頼関係」。
妥協しないことが成果につながる第一歩

ECサイトのオープンは、私にとってはじめての経験ばかりで、「0」から「1」を作るような業務がほとんどでした。各部門との連携やオペレーションの確立など、同時にいくつもの業務をリードする立場だったので、苦労したことも少なくありません。

多くの人と仕事をするとき、常に心がけているのは「良好な信頼関係を築くこと」。私はすべての仕事のベースに、人との信頼関係があると思っています。もうひとつ、自分のモットーとして「神は細部に宿る」という考えがあります。一つひとつの仕事を丁寧に妥協せず行うことで、“目には見えない美しいデザイン”や、“心地よい状況”が生まれるという意味です。この考えをもって、ECサイトづくりに取り組んできました。

ECサイトの運営をしていると、お客様の反応がすぐに見えてきます。自分が考えた企画で、いい反応や成果が感じられると嬉しいですね。私の理想であった、「お客様に一番近いところで仕事ができる」ことにも日々やりがいを感じています。

もちろん、在庫管理から売り上げのサポートまで、多岐にわたる業務を同時にこなすことに、大変さを感じることも。そこで、日々のルーティンとして「TODOリスト」を活用して、その日にやること・やらないことを明確にするよう心がけています。そして、どんな仕事も「すべてはお客様につながる」と考えることで、自分のモチベーションアップにもなりますね。

04

プロフェッショナルが集まる環境でスキルアップ。
今後はECでシックファンを増やしたい

シックで働いていると、ほかの部門の人と仕事をする機会もたくさんあります。ECに関する問題や相談事があるときには、それぞれの業務で忙しいにもかかわらず、部門の垣根を越えて“プロフェッショナルなアドバイス”がいただけます。シックは、一人ひとりが高いスキルをもつ「エキスパート集団」だと思っています。そのような環境で日々仕事ができることは、自分の成長にもつながるので嬉しいですね。

お客様にとってECは、あくまで“買い場のひとつ”でしかありません。だからこそ、「Schick公式ストアなら、自分にぴったりの商品が見つけられる」とお客様に満足していただけるサイトを作っていきたいです。今後は、ページの改善や機能の追加をひとつひとつ行うことで、サイトの利用者をさらに増やしていきたいと考えています。そして、ECを通して“シックブランドのファン”を増やすことが目標です。

お客様視点で“ものづくり”を続ける限り、商材の可能性は「無限大」です。消費者に最も近いEC部門は、「お客様視点を大切にする人」「チャレンジ精神のある人」「変化を楽しめる人」に力を発揮していただけると思います。私自身もストアマネジャーとしてのスキルを高め、BtoCプラットフォームでともに歩んでいける仲間を増やしていきたいです。

※撮影時のみマスクを外して撮影を実施しています

※記載された内容、お問い合わせ先などは掲載日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

Daily Schedule

6:30
起床
7:00
朝食
8:00
自宅でメールチェック
9:30
オフィスに出勤
10:00
TODOリストの見直し、優先事項の整理
10:30
各EC店舗の売上/問い合わせを確認
11:00
商品登録や在庫移動、代理店への連絡など事務処理
12:30
昼食
13:30
関連部署とのミーティング
14:30
EC店舗のダッシュボードや
GA(Google Analytics)の確認、
データ分析、レポート作成
16:00
キャンペーンや新しい商品の企画立案、資料作成
18:00
他社ECサイトやトレンドのチェック
19:00
退社
6:30
起床
7:00
朝食
9:00
メールチェック
10:00
TODOリストの見直し、優先事項の整理
10:30
各EC店舗の売上/問い合わせを確認
11:00
商品登録や在庫移動、代理店への連絡など事務処理
12:30
昼食
13:30
関連部署とのミーティング
14:30
EC店舗のダッシュボードやGAの確認、データ分析、レポート作成
16:00
キャンペーンや新しい商品の企画立案・資料作成
18:00
他社ECサイトやトレンドのチェック
19:00
終了