• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN 顔・うなじ顔そりの方法や必要なケアを紹介!準備しておきたいアイテムとは

    Schick Style Magazine

    顔・うなじ

    顔そりの方法や必要なケアを紹介!準備しておきたいアイテムとは

    顔そりの方法や必要なケアを紹介!準備しておきたいアイテムとは 顔そりの方法や必要なケアを紹介!準備しておきたいアイテムとは

    顔そりを普段から家でやっているという方は、どのような方法で顔そりをしていますか。

    顔そりをおこなうとメリットもたくさんありますが、間違った方法で剃ってしまうと肌トラブルにつながってしまう可能性もあります。

    また、顔そりをする際は、顔そりに利用するアイテムもとても重要です。

    今回の記事では、正しい顔そりの方法や顔そりに必要なケア、おすすめのアイテムなどについて解説していきます。

    01
    顔そりの方法

    顔そりの方法は、大まかに分けると「シェービング剤を塗る」「毛の向きに沿って剃る」「ぬるめのお湯で顔をすすぐ」という工程があります。

    間違った方法で顔そりをしていると肌トラブルにつながる可能性も高まりますが、正しい方法で顔そりをすることでたくさんのメリットも得られます。

    例えば、肌のトーンがアップして見える、うぶ毛ケアができる、清潔感が出やすいなどのメリットにつながります。

    まず顔そりを始める前に、顔そりに必要な道具を準備しておきましょう。

    顔そりに必要な道具は、カミソリ・シェービング剤・保湿成分を含んだ化粧品などです。
    以下では、顔そりの方法について細かく紹介していきます。

    シェービング剤を塗る

    いきなりカミソリで顔を剃り始める前に、シェービング剤を塗りましょう。
    シェービング剤を塗ることで、カミソリが引っ掛かりにくくなり、毛が剃りやすくなるのです。

    シェービング剤の種類は石鹸タイプ・泡タイプ・クリームタイプ・ジェルタイプなど様々です。

    シェービング剤に泡立つタイプのものを選んだ場合には、きちんと泡立った状態で塗るようにしましょう。

    毛の向きに沿って剃る

    シェービング剤を顔に塗ったら、今度はカミソリで毛を剃っていきます。

    顔の上部から下部の順番に顔そりをしていきます。
    毛の流れに逆らって剃るのではなく、毛の流れに沿って剃っていくのがポイントです。

    このとき、うぶ毛を起こすために皮膚を引っ張りながら剃ると、剃りやすくなります。
    皮膚を引っ張りながら、毛の向きと同じ方向に剃っていきましょう。

    ぬるめのお湯で顔をすすぐ

    顔の毛が剃り終わったら、顔に付いているシェービング剤や毛をきちんと落とします。
    お湯で顔をすすぐ際は、ぬるま湯を利用するのがポイントです。

    きちんと洗い終えたら、必ず化粧水や乳液などでアフターケアもしましょう。
    しっかりと保湿をしておくことで、乾燥による痛みやかゆみ、肌が赤くなってしまうという肌トラブルを防ぐことができます。

    02
    顔そりをするタイミング

    まず顔そりは、清潔な状態のときや毛穴が開いているとき、肌が柔らかくなっているときにおこなうのが良いでしょう。

    タイミング的には、お風呂に入っているときや入浴後がおすすめになります。

    入浴時や入浴後に顔そりをおこなうのが難しいという場合は、蒸しタオルなどを当て、肌を柔らかくしてから顔そりをするのもおすすめです。

    顔にほこりなどが付いた清潔ではない状態で顔そりをしてしまうと、肌トラブルにつながってしまう可能性があります。

    きちんと清潔な状態のときに、顔そりを始めることが重要です。

    03
    顔そりはアフターケアが大事

    顔そりはアフターケアがとても重要です。
    顔を剃って満足せず、アフターケアまでセットできちんとおこないましょう。

    顔を洗い終えたら、化粧水を塗り、クリームや乳液などを塗ってしっかり保湿します。

    化粧水や乳液などは普段使っているものでも構いませんが、なるべくたくさん保湿成分が入っていて、低刺激のものを利用するのも良いでしょう。

    また、顔そりに使ったアイテムのケアも忘れないようにしましょう。

    いくら清潔な状態のときに顔そりをしても、顔そりで利用するアイテムが清潔でないと肌トラブルにつながってしまいます。

    カミソリの刃はこまめに交換したり、カミソリをお風呂に置きっぱなしにはしないようにしましょう。

    カミソリをお風呂に置きっぱなしにしていると、カミソリにカビなどが生えてしまうこともありますので、注意が必要です。
    また、カミソリの切れ味が良くないと感じるようになったら交換しましょう。

    04
    顔そりにおすすめのアイテム

    顔そりをする際は、カミソリが必須アイテムです。

    カミソリには様々な種類があり、種類によってサイズや刃のタイプなどが違ったりするので、自分に合ったカミソリを利用するのがおすすめです。

    ここからは、顔そりの際におすすめのカミソリを紹介していきます。

    プレミアサファイアコーティングディスポ

    プレミアサファイアコーティングディスポは、キャップ使うことよって、刃先の長さを2段階に調整できる顔・眉そり用カミソリです。

    顔の広い部分を剃るときは長い刃で剃り、細かい所は刃の長さを短くして剃るのがおすすめです。

    刃には独自のサファイアコーティングが施され、剃り味が長持ちしやすくなっています。

    またセーフティーガードが付いているため、横すべりや深剃りを防いでくれます。またセーフティーガードが付いているため、横すべりや深剃りを防いでくれます。

    プレミア敏感肌用 折りたたみタイプLディスポ

    プレミア敏感肌用 折りたたみタイプLディスポは、持ち歩きもしやすい折りたたみタイプ のカミソリです。
    スリムなヘッドが特徴で、細かい毛の処理にも使用しやすくなっています。

    刃にはマイクロガード付きとなっているため、肌にかかる負担が最小限に抑えられ、敏感肌の方にもおすすめのカミソリです。

    ポーチに忍ばせておけばお出かけ先などで活躍してくれることでしょう。

    プリケア Lディスポフェイス用

    プリケア Lディスポフェイス用は、深剃りや横すべりなどを防止してくれるセーフティーガードが付いたカミソリです。

    ハンドル部分もフィットしやすく、すべりにくくなっています。

    スリムなヘッドの先端は、剃りにくい部分の毛もきちんと処理が可能です。

    メンズLディスポ

    メンズLディスポは、顔そりにはもちろん眉毛などの細かい毛の処理もしやすいカミソリです。

    ヘッドがスリムなため、1本1本の毛を確認しながら剃ることができます。
    刃に付いているセーフティーガードが、横すべりや深剃りを防いでくれるため、安心して顔の手入れをすることができるでしょう。

    05
    顔そりはアイテム選びにこだわろう!

    顔そりは、剃る工程ももちろん大事ですが、アフターケアやアイテム選びもとても重要です。
    顔そりをしたあとは、化粧水や乳液できちんと保湿ケアをするということを、顔そりの際は忘れないようにしましょう。

    顔そりに使用するカミソリには、ヘッドがスリムで細かい部分が剃りやすいもの、セーフティーガードが付いたもの、ハンドル部分がすべりにくくなっているものなど、種類も様々です。

    自分に合った使いやすいカミソリを利用するのがおすすめです。

    敏感肌用のカミソリもあるので、敏感肌の方はそういったタイプのカミソリを購入すると良いでしょう。

    また、顔そりの際には顔の広い部分だけではなく、眉毛や鼻の下など細かい毛の処理をすることもありますので、細かい部分を剃るのに適したカミソリを選ぶのもおすすめです。

    顔そりをする際には、ぜひ今回紹介した顔そりの方法やアフターケア、おすすめのカミソリを思い出し、顔そりの時間を有意義なものにしてください。

    あなたにおすすめの記事