• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • Schick Style Magazine

    ムダ毛処理の知識
    パーツ別の剃り方
    ムダ毛処理の知識

    カミソリでムダ毛処理する場合のコツは?

    カミソリでムダ毛処理する場合のコツは? カミソリでムダ毛処理する場合のコツは?

    カミソリを使えば自宅で簡単にムダ毛処理を行うことができます。しかし、間違った方法でムダ毛処理を行うと、カミソリ負けによる肌トラブルを起こしてしまいかねません。

    この記事では、カミソリでムダ毛処理する場合のコツについて紹介します。ぜひこの機会に、正しいムダ毛処理方法を学んでいきましょう。

    01
    ムダ毛処理にカミソリはおすすめ?

    肌を露出する季節はムダ毛処理を定期的に行う必要がありますが、カミソリを使ってムダ毛処理をするという方も多いのではないでしょうか。自宅で手軽にムダ毛処理ができるカミソリはとても便利ですが、注意点もあります。

    まずは、カミソリによるムダ毛処理のメリット、デメリットを紹介していきます。

    ■ カミソリによるムダ毛処理のメリット
    カミソリを使ったムダ毛処理は、最も浸透している定番の方法です。カミソリを使った自己処理のメリットは、思い立ったときに素早く、綺麗にムダ毛処理を行うことができる点にあります。また、自宅で手軽にムダ毛処理ができて、コストがかからない点もメリットと言えるでしょう。

    ■ カミソリによるムダ毛処理のデメリット
    カミソリによるムダ毛処理のデメリットとしては、カミソリは肌への負担が大きく、カミソリ負けをしてしまう可能性があることです。カミソリで何度も自己処理を行っていると、皮膚や毛穴の色素沈着が生じることもあります。カミソリを使ったムダ毛処理は、正しい方法や正しいそり方で行うことが大切です。

    02
    カミソリでムダ毛処理する正しい方法やコツとは

    カミソリでムダ毛処理を行う際、正しい方法で処理を行わないとカミソリ負けによる肌トラブルを起こしてしまいます。ここでは、正しいムダ毛処理の方法やそり方のコツについてご紹介します。

    ■ ホットタオルでムダ毛と肌を温める
    ムダ毛処理をする際は、ホットタオルなどでムダ毛と肌を温めてからカミソリで毛をそるようにしましょう。
    温めることで、ムダ毛や皮膚が柔らかくなるので、冷えた状態でそるよりも、肌への負担が少なくなります。また、ホットタオルだけではなく、入浴後の肌が柔らかい状態でムダ毛処理をするのもおすすめです。

    ■ 毛の流れに沿ってそる
    ムダ毛処理をするときは、自分の毛の流れに沿ってカミソリでそるようにしましょう。そるときは、カミソリを持っていない方の手で軽く皮膚を引っ張っておくと、肌から毛が立つため、毛がそりやすくなります。

    毛の流れに沿ってそった後、反対方向にカミソリをあててそることで、そり残した部分もきれいにそることができます。ただし、毛の流れに沿わずにそると肌を傷めやすくなるため、十分注意しましょう。

    ■ 力を入れずに優しくそる
    ムダ毛処理をする際は、力を入れずに優しくカミソリでそるようにしましょう。カミソリを持つ手に力を入れてしまうと、肌を傷つけて出血してしまう可能性があります。カミソリは必ず、肌の上に優しく当てて、滑らせるように軽い力でそるようにしましょう。

    ■ ムダ毛処理後はしっかりと保湿
    ムダ毛処理の後は、しっかりと保湿をする必要があります。カミソリを使った後の肌は傷ついており、皮膚のバリア機能は低下しています。保湿を行わないまま放置してしまうと、乾燥して肌がヒリヒリしてしまったり、赤みやブツブツができてしまったり、毛穴が黒ずんでしまったりと肌トラブルの原因にもなりかねません。

    ■ 生理中は処理をしない
    生理中は女性ホルモンの影響により、皮脂分泌がしやすく、皮膚は不安定な状態となっています。そのため、生理中の肌にカミソリの刺激を与えてしまうと、肌が荒れる原因になります。生理中のムダ毛処理は、極力しないようにしましょう。

    ■ カミソリは清潔な状態で保管
    カミソリは清潔な状態で保管するようにしましょう。清潔さに欠けたカミソリでムダ毛処理を行うと、肌表面にできた傷から細菌が侵入してしまう原因となります。肌の炎症に繋がってしまうため、カミソリは清潔さを保つようにしましょう。
    お風呂場でカミソリを使われる方も多いでしょうが、お風呂場は細菌が繁殖しやすい場所でもあります。使用後は水気を取り、乾かして保管するようにしましょう。

    また、カミソリの切れ味が悪くなった場合は、すぐに新しいカミソリに取り換えてくださいね。

    03
    ムダ毛処理におすすめのカミソリの選び方

    カミソリでムダ毛処理をする際、どのようなカミソリを選ぶと良いのでしょうか。
    ムダ毛処理におすすめのカミソリについて、その選び方を紹介します。

    ■ ムダ毛が気になる部位別にヘッドを選ぶ(T字・L字)
    ムダ毛処理をする際は、ムダ毛が気になる部位別にT字型またはL字型のヘッドのカミソリを使います。T字型のカミソリはムダ毛がそりやすいため、男性の髭そりや女性のボディ用のムダ毛処理に利用するのがおすすめです。

    また、T字型カミソリはそる部位が見えづらいのに対し、L字型のカミソリはそる部分が非常に見やすいカミソリです。繊細なシェービングとなる眉毛のケア、顔の産毛そりにはL字型カミソリが向いているでしょう。

    部位別に使い分けることで、肌を傷つけにくく、きれいにそりやすくなります。ムダ毛処理する部位別に、適切なカミソリヘッドを選ぶようにしましょう。

    ■ 首振りヘッド機能付きのカミソリ
    カミソリでのムダ毛処理では、そり残しをしてしまうことがあります。特に顔やボディのカーブのある場所では、カミソリの刃が肌に上手く当たらないこともしばしばあるでしょう。ムダ毛処理でそり残しをしてしまう方は、首振りヘッド機能付きのカミソリを利用してみましょう。
    首振りヘッド機能付きのカミソリであれば、カーブのある部分でも肌にフィットし、そり残しが少なくなるはずです。

    ■ カミソリの刃で選ぶ
    刃の数が多くなる程、肌への圧が分散され、肌への負担が少なくなります。ムダ毛処理をするときは、カミソリの刃の枚数も考えて選ぶようにしましょう。

    男性の髭そりの場合、3枚以上の刃を用いるとバランスよく安全に自己処理が行いやすくなります。髭が濃い方は切れ味がさらに良い、5枚刃を使ってみてはいかがでしょうか。

    また、女性のボディのムダ毛処理の場合は、4枚刃以上を利用してみましょう。特に5枚刃は大きめヘッドかつ切れ味が良いため、ストロークする回数を減らし、肌への負担が軽減します。

    ■ 肌に優しい機能のあるカミソリを選ぶ
    ムダ毛処理をする際は、肌に優しい機能のあるカミソリを選ぶようにしましょう。ソープ付きのカミソリを利用すると、肌に直接カミソリを当てても、ソープが潤滑剤として作用してくれるため、肌への負担が軽減します。肌への負担を考えると、肌への刺激が少ないカミソリを選ぶようにしましょう。

    ■ コスパの良いカミソリを選ぶ
    カミソリは常に清潔にしておく必要があります。そのため、カミソリの切れ味が悪くなってきたり、衛生面が気になり始めたりすると、カミソリの刃を交換しなければいけません。
    コスパの良いカミソリであれば、カミソリの刃を交換しやすくなるため、できるだけコスパの良いカミソリを選ぶようにしましょう。

    04
    カミソリによるムダ毛処理は正しく行おう!

    カミソリでのムダ毛処理は、気が付いたときにすぐに取り組むことができます。正しい方法でムダ毛処理を行い、その後のケアもしっかり行うことで、ムダ毛処理後の肌も綺麗に保つことができるでしょう。
    カミソリ負けをしないように、今回紹介したカミソリ選びや使い方をぜひ参考にしてください。

    あなたにおすすめの記事