• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN 体毛のそり方の知識つるつる肌のためのムダ毛処理におすすめカミソリとは

    Schick Style Magazine

    体毛のそり方の知識
    ボディ 顔・うなじ 替刃
    体毛のそり方の知識

    つるつる肌のためのムダ毛処理におすすめカミソリとは

    つるつる肌のためのムダ毛処理におすすめカミソリとは つるつる肌のためのムダ毛処理におすすめカミソリとは

    自宅で簡単にムダ毛処理を行うことができる、カミソリ。
    しかし、カミソリを使っても綺麗にムダ毛処理ができないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    この記事ではつるつる肌になるためのムダ毛処理におすすめのカミソリを紹介します。
    カミソリの正しいムダ毛処理方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

    01
    ムダ毛処理でつるつる肌に!おすすめのカミソリは?

    ムダ毛処理でつるつる肌を目指したいのであれば、ムダ毛処理に適したカミソリ選びをしましょう。
    まずは、カミソリの選び方についてポイントを紹介します。

    ■ムダ毛処理する部位によってカミソリを変える
    ムダ毛処理をする際は、部位に応じてカミソリを変えていきましょう。
    男性の髭そりや女性のボディ用のムダ毛は、T字型のカミソリを用いることをおすすめします。T字型のカミソリはムダ毛がそりやすい形状となっており、刃の数が多い程切れ味が良く、皮膚への負担も減少します。
    繊細な眉毛のシェービングや顔の産毛そりなどは、そる部分が見えやすいL字型のカミソリを用いるのがおすすめです。
    部位別にカミソリを使い分けることで、そり残しを減らすことができます

    ■ソープやジェル付きで肌に優しいカミソリ
    つるつるな肌にしたいという方は、ソープやジェル付きの肌に優しいカミソリを使ってムダ毛処理を行いましょう。直接カミソリを肌にあて、つるつるにしようと何度もストロークしてしまうと、肌を傷つける原因になります。
    ヘッド部分にソープやジェルがついたカミソリを使えば、濡れた肌に直接カミソリを滑らせるとソープやジェルが溶け出て、肌の負担を軽減させることができます
    また、カミソリが滑りやすくなることで、何度もストロークしなくてもムダ毛がそりやすくなります。

    ■首振りヘッド機能のあるカミソリ
    そり残しを軽減させたいのであれば、首振りヘッド機能のあるカミソリを利用しましょう。顔やボディの丸みを帯びた場所にカミソリを当てると、カミソリの刃が上手く当たらない場所がでてきて、そり残してしまうことがあります。
    首振りヘッド機能のあるカミソリを使うことで、湾曲した部分でも肌に刃がフィットしやすくなり、そり残しを最小限に抑えたムダ毛処理ができます

    ■安全ガード付きのカミソリ
    ムダ毛処理のカミソリを選ぶときは、安全ガード付きのカミソリを選ぶことをおすすめします。安全ガード付きのカミソリは、手元が狂いやすい場所でも肌を傷つけるリスクを減らすことができます。
    つるつるの肌を目指すのであれば、目立った傷ができないように安全面に考慮されたカミソリを選んでいきましょう。

    ■ムダ毛処理後はカミソリのお手入れも
    カミソリを選ぶときは、お手入れが簡単にできるカミソリを選びましょう。ムダ毛処理をカミソリでしていると、そった毛によりカミソリの刃が目詰まりを起こしやすくなります。
    目詰まりを起こしたままの状態や、水に濡れたままの状態で放置してしまうと、カミソリに細菌が繁殖しやすくなります。
    カミソリを選ぶときは、流水や溜め洗いで毛が取り除きやすいカミソリを選びましょう。ムダ毛処理後のカミソリは、しっかりと洗い乾燥させた後、清潔な場所に保管してください

    ■同じカミソリを使い続けない
    カミソリは一定の時期が来たら刃を替える必要があります。同じカミソリを使っていると、刃が摩耗して切れ味が落ち、肌を傷つけて、カミソリ負けを引き起こす可能性もあります。
    同じカミソリを使い続けないためにも、カミソリを選ぶときは、替刃や使い捨てのカミソリでコスパの良いものを選ぶと良いでしょう。

    02
    つるつる肌になるための正しいムダ毛処理方法とは

    カミソリの選び方を紹介しましたが、つるつるの肌のためにはカミソリ選びだけではなく、正しいカミソリの使い方をすることも大切です。続いては、カミソリを使った正しいムダ毛処理方法を紹介します。


    ■肌を温めて毛を柔らかくしてからそる
    カミソリでムダ毛処理を行う際は、肌を温めて毛を柔らかくしてからそるようにしましょう。肌を温めて毛が柔らかくなるとカミソリの滑りが良くなり、ムダ毛がそりやすくなります。

    ■シェービング剤やクリームは必須
    カミソリを使うときは、必ずシェービング剤やクリームを使いましょう。カミソリによるムダ毛処理は肌に直接刃をあてて毛をそっていくため、肌を傷つけやすくなります。
    肌とカミソリの間にクッションとなるシェービング剤やクリームを塗ることで、カミソリによる肌への刺激を緩和することができ、カミソリ負けを防ぐことにつながります。

    ■つるつるにするにはそり方も大事
    カミソリを使って肌をつるつるにするには、そり方も大事です
    正しいそり方をすることで、肌にかかる負担やムダ毛のそり残しを減らすことができます。
    正しいカミソリでのムダ毛処理方法としては、まず毛の流れを確認し、毛の流れと反対向きにクリームやシェービング剤を塗って毛を立たせます。
    次に確認した毛の流れに沿って、力を入れず優しく、カミソリをあててそっていきましょう。
    そり残しをなくしたいときは、片方の手で皮膚を引っ張りながらそると、毛が立った状態でそれるため、綺麗にそりやすくなります

    ■膝やひじなどの関節部分は慎重に
    膝やひじなどの関節部分はカーブになっているため、カミソリではそりづらい部分となります。そのため、慎重にカミソリを用いないと肌を切ってしまう可能性もあります。
    膝やひじなどの関節部分は、首振りヘッド機能や安全ガードの付いたカミソリで慎重にそるようにしましょう。
    また、力を入れてそると傷ができたり、出血したりするため、優しくそるようにしてください。

    ■ムダ毛処理後の肌は敏感
    ムダ毛処理後の肌は、皮膚のバリア機能が低下しているため、非常に敏感な状態です。そのまま放置してしまうと、肌にブツブツができたり、赤みを帯びたり、乾燥してかゆみが生じたりと肌トラブルを生じかねません。
    ムダ毛処理の後は、化粧水や乳液、ボディクリームなどのスキンケアを用いて、肌を優しくケアしてあげましょう

    ■カミソリのお手入れはしっかりと
    カミソリを使い終えたら、カミソリのお手入れもしっかり行っていきましょう。水に塗れたまま放置するとサビが生じてしまい、そのままカミソリを使うと肌を傷つける原因になります。ムダ毛が付いたままで、不衛生な場所で保存していたりすると、カミソリに雑菌が繁殖してしまいます。
    お手入れが不十分なカミソリを使うと、肌が炎症を起こしてしまいかねないため、必ずカミソリのお手入れも行いましょう。

    03
    ムダ毛処理にカミソリを利用するメリット

    ムダ毛処理をするにあたって、カミソリを使うメリットは何があるのでしょうか。
    続いては、ムダ毛処理にカミソリを利用するメリットを紹介します。

    ■自宅で手軽にムダ毛処理ができる
    カミソリは、自宅で簡単にムダ毛処理ができます。思い立ったらすぐにムダ毛処理をすることができるだけではなく、短時間でムダ毛をそることができるため、時間がない方でも手軽にセルフケアが行えます。

    ■深ぞりできる爽快感
    電気シェーバーでもカミソリ同様、簡単にムダ毛処理をすることができますが、電気シェーバーはカミソリと違い、肌に直接刃をあてるわけではいため、カミソリのような深ぞりはできません。
    特に男性の場合、しっかりと深ぞりできる爽快感が味わえるのは、カミソリを使うメリットだと言えるでしょう。

    ■産毛までそれてメイクのノリもUP
    カミソリは太いムダ毛だけではなく、産毛まで簡単にそることができます。特に、女性は顔の産毛までそることができるため、メイクのノリも良くなります

    ■コスパが良い
    カミソリや替刃はお手頃な価格帯で販売されており、カミソリはコスパが良いムダ毛処理方法です。衛生面を考えてムダ毛処理をするとなると、替刃などを交換しないといけないけません。年間の維持費を考えても、カミソリは安くコスパが良いムダ毛処理方法だと言えます。

    04
    ムダ毛処理におすすめのカミソリでつるつる肌を目指そう!

    ムダ毛処理は、部位に応じて適切なカミソリを使うことでそり残しを防ぐことができます。また、機能性が高いカミソリを選ぶことで、より快適に安全にムダ毛処理ができるでしょう。

    カミソリ負け知らずのつるつる肌を目指すのであれば、ムダ毛処理は正しい方法で行うことが大切です。この記事で紹介したカミソリ選びのポイントや正しいムダ毛処理方法を参考に、つるつる肌を目指しましょう。

    あなたにおすすめの記事