TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN パーツ別の剃り方顔そりにはデメリットがある?肌に優しいおすすめのカミソリを紹介

Schick Style Magazine

ムダ毛処理の知識
パーツ別の剃り方
パーツ別の剃り方

顔そりにはデメリットがある?肌に優しいおすすめのカミソリを紹介

顔そりにはデメリットがある?肌に優しいおすすめのカミソリを紹介 顔そりにはデメリットがある?肌に優しいおすすめのカミソリを紹介

「顔そりにはデメリットがある」という声が聞かれることもありますが、このデメリットは、顔そりの仕方や使っているカミソリによって起こるものであり、実は回避することが可能です。

この記事では、顔そりのデメリットについて、おすすめのカミソリも合わせて紹介します。

01
顔そりのデメリットとは?

顔そりのデメリットとしてよく挙げられるのが、やりすぎると肌の負担を増やし、傷付ける点や毛が濃くなるという点です。

しかし、これらは正しい方法でおこなえば回避できますし、勘違いである部分でもあります。まず肌の負担を増やし、傷付けるというデメリットは顔そりの仕方に問題がある可能性があります。

カミソリを肌に当てて剃るので、直接おこなえば肌への負担が増えますし、力加減を間違えると肌を傷付けることになります。

顔そりをおこなう際は、シェービング剤塗ることでカミソリのすべりを滑らかにして、肌への負担を減らしましょう。

またカミソリを当てる際は、皮膚を平らに伸ばして毛に沿ってカミソリをすべらせます。このとき肌に押し付けず、軽く肌のうえをすべらせるだけで大丈夫です。

顔そりの目的は産毛を剃ることが目的であり、一緒に古い角質も除去できるというメリットもあります。顔そりが終わった後は、ローションや乳液でしっかりと保湿することで、肌への負担や傷付けることを防ぎます。

もともと敏感肌という方や、顔そりの後に肌トラブルに見舞われる場合は、肌に合ったカミソリを選ぶことでも回避が可能です。

顔そりで毛が濃くなるのは勘違い

顔の産毛を剃ると、濃くなると思っている方もいるようですが、それは錯覚です。毛は毛根に近づくにつれて太くなり、毛先に近づくほど細くなります。

産毛を剃ると毛の断面がカミソリによって平らになるので、剃る前よりも太く見え、濃くなったように見えてしまいます。

産毛は剃っても濃くならないので安心してください。

02
顔そりはデメリットよりもメリットが多い

顔そりは産毛を剃り、一緒に古い角質を除去してくれますが、それによるメリットが多く、デメリットよりもメリットの恩恵のほうが大きいので、定期的におこなうのがおすすめです。

ではどのようなメリットがあるのか、見てみましょう。

化粧ノリが良くなる

女性の化粧ノリはその日の体調などに左右されます。
しかし体調が特に悪くなくても、化粧ノリが悪いとすれば産毛が原因である可能性があります。

産毛が生えたまま化粧をすると、産毛が化粧下地やファンデーションを邪魔するため、肌に化粧がしっかり馴染まず、化粧ノリが悪くなります。

顔そりで産毛を剃れば、そのような邪魔がなくなり、化粧下地やファンデーションが馴染み、化粧ノリが良くなるだけでなく、化粧崩れも起こしにくくなります。
また化粧ノリだけでなく、化粧落としもしやすくなるというメリットもあります。

産毛が生えたまま化粧をすると、化粧ノリが悪くなるだけでなく、産毛に化粧が溜まり落としにくくなります。

産毛は化粧水や美容液の浸透率を落としてしまうので、顔そりをすれば化粧落としだけでなく、スキンケアの効果も高めることができます。

化粧水などは男性でも使うことから、顔そりをおこなっておいたほうが、スキンケアの効果を得やすくなります。

肌が明るく見える

顔そりをするメリットには、肌のトーンを明るくする点もあります。
顔そりを一度もしたことがないと肌のトーンも落ちるため、ファンデーションを塗る場合、カラーもワントーン明るくする必要があります。

男性でも女性でも、顔そりをするだけで肌の明るさを上げることができるのは、大きなメリットです。

ニキビ予防になる

ニキビは肌の雑菌が原因の一つに挙がります。
肌の雑菌は産毛に付着し、清潔に保つことができなくなることで、ニキビができやすくなります。

洗顔で落としきれなかった汚れで雑菌が繁殖し、ニキビが発生している可能性もあるので、定期的に顔そりをすることで雑菌が付着する産毛を除去できるので、おすすめです。

ただし、ニキビができている状態でカミソリを当ててしまうと、ニキビを悪化させ、肌を傷付ける可能性があるのでニキビを避けるか、ニキビが治まってからおこなうようにしてください。

03
顔そりには肌に優しいカミソリがおすすめ

顔そりでのデメリットは正しい剃り方や肌に合ったカミソリを使用することでも回避が可能でした。

顔そりに使えるカミソリがいくつかあるので紹介します。

メンズLディスポ

メンズLディスポはその名の通り男性向けの顔そり用カミソリです。

セーフティガードが付いているので、横すべりや深剃りを防ぐだけでなく、ハンドルも手にフィットします。顔そりによる肌トラブルが気になる方には、メンズLディスポがおすすめです。

眉毛の1本1本まで確認しながら手入れが可能など、細かい部分での使用もできます。

ハイドロ5

ハイドロ5は髭剃りも可能なカミソリですが、肌に優しい設計なのが特徴です。

剃り味や扱いの良さもさることながら、スキンガードが付いているので深剃りできます。また、刃と刃の間に肌が食い込むのを防ぎ、より滑らかに剃りながら肌のヒリヒリを防止します。

濃密なジェルを納めるモイスチャージェルBOX®もあることから、摩擦を軽減し、剃るたびにすべりを良くして肌を守ってくれるのです。

5枚の刃が短いストロークで搭載されており、力を入れなくても深剃りができます。フリップ式トリマーが付いてるので、カミソリ上部のヘッド部分を倒せば、コンパクトヘッドになり、鼻の下やモミアゲなどの細かい部分も簡単に剃れます。

初心者にも扱いやすく、髭剃りと顔そりを一緒にできるおすすめのカミソリです。

プレミア敏感肌用Lディスポ

敏感肌用に作られた顔そり用のカミソリです。口元や鼻の下、眉など顔全体を優しくキレイに整えられる扱いやすさが特徴で、世界最小のマイクロガードで刃が肌に当たることによる負担を最小限に抑えることができます。

先端が細いスリムヘッドなので、細かいところもキレイに剃れます。

プリケアLディスポフェイス用

顔そり用に作られたカミソリとして販売されており、肌を守るセーフティガードが付いているので、横すべりや深剃りを防ぐため安心して使える1本です。

持ちやすく、すべりにくいハンドルによって手にしっかりとフィットするので扱いやすく、細いスリムなヘッドで口元や鼻の下など細かいとことまでキレイに整えられます。

04
顔そりのデメリットを理解して処理しよう

顔そりは、正しくおこなえばデメリットを回避することができ、デメリットよりもメリットのほうが多いことも分かります。

デメリットを理解して処理することで、その恩恵を受けられるのであれば、やらない手はありません。

正しい方法はもとより、自分に合ったカミソリを選ぶということも大切なので、肌についても知り、定期的に顔そりをおこなっていくことをおすすめします。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事