• ハイドロ
  • ハイドロカスタム
  • カミソリ
  • 男性
  • クアトロ
  • 替刃
  • プロテクター
  • レガシー
  • ウルトラ
  • スーパーⅡ
  • インジェクター
  • その他
  • 限定製品
  • ディスポ
  • エクストリーム
  • グルーミング
  • シェービング剤
  • 洗顔
  • 女性
  • ハイドロシルク
  • ボディ
  • イントゥイション
  • イントゥイションファブ
  • ディスポ製品
  • その他製品
  • ハイドロプレミアム
  • エグザクタ
  • シェーブガード
  • クアトロ4ウーマン
  • スマートシェーブ
  • TOPシックスタイルマガジン シックスタイルマガジン for WOMEN 体毛のそり方の知識【女性必見】カミソリで肌荒れをする原因って?対処法と予防する方法を紹介!

    Schick Style Magazine

    体毛のそり方の知識
    ボディ 顔・うなじ 替刃
    体毛のそり方の知識

    【女性必見】カミソリで肌荒れをする原因って?対処法と予防する方法を紹介!

    【女性必見】カミソリで肌荒れをする原因って?対処法と予防する方法を紹介! 【女性必見】カミソリで肌荒れをする原因って?対処法と予防する方法を紹介!

    体毛の処理方法には、脱毛サロンや医療脱毛、家庭用脱毛器やシェーバーなどさまざまなケアの手段があります。

    そのなかでも、一番ポピュラーな方法はカミソリでのシェービングではないでしょうか。

    カミソリは、気軽に毛の処理ができる便利なアイテムですが、使い方を間違えるとカミソリ負けや肌荒れを引き起こすこともあります。

    この記事では、肌トラブルを軽減するために、カミソリでの肌荒れの原因や対処法などを紹介します。

    01
    カミソリによる肌荒れが起きてしまう原因とは?

    カミソリによって肌荒れが起こる原因は、「肌の角質層がダメージを受ける」ことにあります。

    外的刺激から体をバリアする役割を担っている角質層が傷付くと、乾燥やかゆみなどの症状が現れるうえ、無防備な状態の肌に刺激や負担が加わることで肌荒れしてしまうのです。

    毛の処理後は肌の保湿作用が著しく低下するため、そのまま放置せずに対処しましょう。

    02
    カミソリによる肌荒れを防ぐ方法

    カミソリによる肌荒れを防ぎやすくする一番のポイントは、「肌への刺激をできるだけ最小限に抑える」ことにあります。

    シェービングでのダメージをなるべく少なくするためにも、次の方法を参考にしてみてください。

    シェービング剤を使用する

    シェービング剤は、刃のすべりを良くして肌への摩擦を軽減するだけでなく、毛を柔らかくする効果もあるため、よりスムーズな処理が可能です。

    以下の記事で、シェービング剤の種類や役割について理解しておきましょう。

    カミソリの刃を定期的に交換する

    古くなった刃を交換せずそのまま使い続けてしまうと、肌に傷が付き細菌の侵入を招いたり、刃にたまった汚れから炎症を起こす可能性もあります。

    以下の記事を参考に、定期的にカミソリの交換を行いましょう。

    ID9 カミソリの刃の交換時期や種類、替えないデメリットについて解説!

    そる際に力を入れすぎない

    深ぞりをしようとしてカミソリを強く肌に押し当ててしまうと、肌の角質層が剥がれてダメージを受けてしまいます。

    シェービング剤の上を優しくすべらせるイメージでおこなうように心がけましょう。

    生理中のシェービングは避ける

    生理中はホルモンバランスの関係で肌のバリア機能が低下し、敏感な状態になっています。

    普段よりもシェービングの刺激が強く伝わってしまったり、乾燥や肌トラブルを起こしやすくなっているため、生理中や前後は避けるのが無難です。

    03
    カミソリで肌荒れしてしまった!対処法は何がある?

    ここでは、カミソリでのシェービングによって肌荒れが起きてしまった場合の対処法を紹介します。

    患部を冷やす

    肌荒れが起きた際は、まずは傷付いてしまった部分を冷やすことが大切です。
    濡らしたタオルなど包んだ保冷剤を患部に当てて冷やすと、炎症やかゆみが抑えられるでしょう。

    肌をしっかりと保湿する

    シェービングの前後で肌が乾燥していると肌荒れを起こしやすいため、患部を冷やした後はなるべく刺激の少ない保湿剤を使って肌をケアしましょう。

    ワセリンなどの保湿剤は、肌の表面をコーティングする、刺激性が少ないといった特徴があるので傷付いた肌にも使うことができ、水分が逃げるのを防ぎます。

    それでも炎症が治まらなければ、すみやかに皮膚科を受診

    これまで紹介した対処をしても炎症が治まらない、またはひどくなるような場合は、皮膚科を受診して医師に相談するようにしましょう。
    早急に肌トラブルを改善するためには、症状に合った適切な治療をしてもらうことが大切です。

    04
    肌荒れしないためにもカミソリ処理後はアフターケアを怠らずに!

    カミソリでの処理後には、アフターケアをおこなうことも肌荒れを防ぎやすくする方法の一つです。
    シェービング後は、乾燥を防いだりカミソリによって刺激を受けた肌を整えるために、化粧水や保湿クリームを使用したアフターケアをおこなって肌にうるおいを与えましょう。
    馬油やシアバターなど、オイル成分が配合されているものは、乾燥に対して効果的にアプローチして、肌荒れを起こしにくくします。

    05
    肌荒れしてしまったらカミソリを見直してみては?

    ここからは、さまざまな機能を備えたおすすめの女性用カミソリを3つ紹介します。

    ケアや注意点を守っていても肌荒れしてしまう場合は、一度使用しているカミソリを見直してみましょう。

    ハイドロシルク

    「ハイドロシルク」はスキンガードで肌への刺激や摩擦を軽減しながら、毛のほかに古い角質を落とすことも可能なシェーバーです。
    水に触れるとヒアルロン酸(ヒアルロン酸NA:保湿剤)とセラミド(セラミドNG:保湿剤)配合のモイスチャー美容ジェルが溶け出し、シェービング後の肌へうるおいを与えます。

    また、スキンフィット5枚刃構造になっていることで体の立体的なカーブに沿ってそることができるため、キメが整った滑らかな肌の実現が可能です。
    できるだけ刺激を抑えたい敏感肌の方や、処理しながら角質ケアをしたい方はハイドロシルクが向いているでしょう。

    ハイドロシルク製品情報

    ハイドロシルク サロン+

    Schickの女性用シリーズにおいて史上初のWフィット設計を採用した商品が「ハイドロシルクサロン+」です。

    Wフィット設計は、ヘッドを支える軸部分が2ヶ所可動し、肌に触れる刃面の角度を自動調整するため、さまざまなカーブにぴったり密着します。

    また、ロックボタンが付いており、自分の好みで角度の自動調節を停止できるため、余分な刃の圧力を逃がして肌への負担を軽減します。

    体のあらゆるカーブを適切な圧力でしっかりと処理したい方は、ハイドロシルクサロン+を試してみてはいかがでしょうか。

    ハイドロシルク サロンプラス 製品情報

    イントゥイション敏感肌用

    肌に優しい機能や成分を重視したい方は「イントゥイション敏感肌用」がおすすめです。
    濡れるとアロエ&茶葉(アロエベラ葉エキス:保湿剤、チャ葉エキス:皮膚コンディショニング剤)配合のモイスチャーソープが溶け出し、スムーズなシェービングをしながら肌をうるおします。
    また、スイングヘッドの4枚刃によって体の微妙なカーブに合わせてそりやすいほか、丁寧なシェービングをサポートするセーフティワイヤーや、ソープの減りに合わせてヘッドの高さを自動的に調節する機能が備わっているため、肌に負担がかかりにくいのも魅力の一つです。
    肌を保護しやすいさまざまな機能と、ボディソープいらずでお手入れも簡単な手軽さを兼ね備えたイントゥイション敏感肌用は、快適で滑らかな仕上がりを実現するでしょう。

    シック イントゥイション 敏感肌用 製品情報

    06
    カミソリによる肌荒れの原因・予防する方法を知っておこう

    日常的にカミソリを使用して処理をおこなっていると、どうしても肌にダメージが蓄積されてしまいます。

    肌荒れが起こってしまった場合には、今回紹介した対処法を実行してみましょう。

    また、肌荒れを防ぐためにも、自分の肌に合ったお気に入りのカミソリを見つけてみてください。

    あなたにおすすめの記事