Schick

ギャランドゥ(腹毛)を処理するメリット・デメリット、おすすめの方法を紹介

#ボディ(体毛) #体毛の剃り方・整え方
ギャランドゥ(腹毛)を処理するメリット・デメリット、おすすめの方法を紹介

男性のなかには、ギャランドゥをお手入れしようかどうか、またはどのように処理すれば良いか迷っているという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ギャランドゥが生えている理由や処理するメリット・デメリット、おすすめの処理方法を解説します。

01
ギャランドゥ(腹毛)は何のために生えている?

ギャランドゥが生える主な理由は、体の保護や温度調節をおこなうためだと言われています。

ギャランドゥは、「悪玉男性ホルモン」と「5αリダクターゼ」という酵素が反応し合うことで生えやすい状態となり、男性ホルモンの量や生活習慣、遺伝などにより濃さや毛量に個人差が出ます。

なかでも「5αリダクターゼ」は遺伝が大きく影響しているため、男性ホルモンを減らしたり規則正しい生活を送ったりしても、必ずしもギャランドゥが薄くなるとは限りません。

02
ギャランドゥ(腹毛)を処理するメリット・デメリット

続いては、ギャランドゥを処理するメリットとデメリットを解説します。

メリット

ギャランドゥを剃ることによって、海や銭湯など上半身を露出する場面で清潔感を与えやすくなるというメリットが挙げられます。

また、脱毛することで次第にギャランドゥの毛穴が小さくなって引き締まり、肌がキレイに見えるといった効果も見込めます。

デメリット

ギャランドゥの処理方法や処理後のケア方法によっては肌に負担がかかり、ブツブツができたり、かゆみを伴ったりする場合もあります。

そのため、自分の肌に合った処理方法を知り、正しくおこなうことが大切です。

03
ギャランドゥ(腹毛)の処理方法

ここからは、ギャランドゥの処理方法と、それぞれのメリットやデメリットを解説します。

カミソリによる処理

最も手軽にギャランドゥの処理がおこなえるのは「カミソリ」です。お手頃価格で手に入るのも、カミソリのメリットと言えるでしょう。

一方、強く剃りすぎたり、同じ場所を何度も剃ったりすると炎症が起きる可能性があるほか、チクチクとした仕上がりになってしまうこともあります。

カミソリを使ったギャランドゥの詳しい処理方法については、以下の記事をチェックしてみてください。

除毛クリーム

除毛クリームは、ギャランドゥに塗って洗い流すだけで一度に広い範囲の処理がおこなえる便利な処理方法です。

ただし、肌が弱い方には負担が大きいことや、独特の匂いがあることがデメリットと言えます。

脱毛

脱毛方法は、大きく分けて「クリニックによる脱毛」と「家庭脱毛」があります。

クリニックで受けられる医療レーザー脱毛は、永久脱毛ができるほか、医師によるアフターケアの体制が整っているため、高い効果と安全性がメリットと言えます。

ただし、通院しなければいけないことや、施術のコストが高いことがデメリットです。

一方、家庭脱毛はクリニックに通う必要がないため、コストを抑えながらいつでも気軽に自宅で脱毛をおこなうことができます。

しかし、永久脱毛はできない点や、脱毛器を購入する必要があり、初期コストが高くなるといったデメリットもあります。

04
ギャランドゥ(腹毛)の処理はカミソリがおすすめ

先ほど紹介したように、ギャランドゥの処理は、いつでも気軽におこなえて、手頃な価格で購入できるカミソリがおすすめです。

商品によっては、横すべりしにくい設計になっていたり、ジェルが付いていたりなど、肌への負担が抑えられるものもあるので、自分の肌に合うものを選んでみてください。

05
ギャランドゥ(腹毛)の処理方法を押さえておこう

今回は、ギャランドゥが生えている理由やお手入れするメリットとデメリット、処理方法について解説しました。

カミソリや除毛クリーム、脱毛といった処理方法がありますが、手軽に低コストでギャランドゥを処理するなら、カミソリがおすすめです。

肌に優しいカミソリを選んで、正しく処理をおこなってみましょう。