Schick Style Magazine

髭の剃り方・整え方
髭の剃り方・整え方

髭剃りで剃り残しが起こる原因や対処法を解説

髭剃りで剃り残しが起こる原因や対処法を解説 髭剃りで剃り残しが起こる原因や対処法を解説

髭剃りをすると起きてしまうことがあるのが剃り残しです。剃り残しはいくつかの原因によって起こり、それらは日々の髭剃りのなかで気を付ければいけないポイントでもあります。

この記事では、髭の剃り残しが起こる原因や対処法について解説します。

01
髭の剃り残しの原因と対処法

髭の剃り残しに悩む人は少なくありません。髭剃りの悩みのなかでもたびたび挙げられます。髭剃りは正しい方法でおこなうのはもちろんのこと、使うカミソリや髭剃りをおこなう時間帯など様々な理由が重なり、剃り残しが起こってしまいます。

実は、髭剃りについてしっかりと理解を深めておかなければ、剃り残しは起こりやすいのです。それを知るためにも、まずは髭の剃り残しが起こる原因、その対処法を実践していくことが大切です。

では、どのような原因と対処法があるのか紹介します。

原因①カミソリ

髭を剃るうえでカミソリの切れ味はとても重要です。
剃り残しが起きてしまう原因として、このカミソリの切れ味が落ちていることがよく挙がります。

カミソリは刃であることから、切れ味が落ちている、刃が欠けているなどの理由で髭がキレイに剃れなかったり、髭に引っかかることや肌を傷付けることもあります。
カミソリ負けを起こす原因にもなってしまうので、要注意です。

対処法

対処法としては正しい管理とこまめなチェック、そして替刃の交換が挙がります。
シェービングをおこなったあとのカミソリは流水でよく洗っい、風通しの良い場所で保管する必要があります。

密閉した空間などで保管すると、錆びや雑菌の増殖の原因になります。特に雑菌がわいたカミソリでシェービングをするのは肌トラブルのリスクを上げる危険性があります。

また刃先のチェックなどはこまめにおこなってください。欠けている場合はすぐに替刃への交換が必要です。

また欠けてなかったとしても、2週間に1度程度を目安に刃の交換をおこなうことをおすすめします。忙しくてもカミソリの管理はしっかりとおこないましょう。

原因②シェービング剤

シェービング剤は、髭を剃る前の肌ケアとして利用されます。
髭は一般的に銅線程度の硬さを持つと言われており、そのまま剃れば肌への負担を増やすだけでなく、カミソリの刃を傷める原因にもなります。

またシェービング剤なしの硬い髭の状態では、剃り残しが出る可能性が上がってしまいます。そのためシェービング剤を塗って髭を柔らかくする必要がありますが、その塗り方にも注意が必要です。

シェービングジェルやクリームが髭に馴染んでなければ、髭は硬いままとなり剃り残しだけでなく、肌への負担やカミソリ負けを増やすことにもなりかねません。

対処法

対処法としてはシェービング剤を使うこと、そして使う際には十分に塗りこむことが大切です。時間がないことからシェービング剤を塗ってすぐに剃り始めるということがあるかもしれませんが、これは髭が柔らかくなっていない状態で剃ることになります。

そうなると剃り残しが起こってしまうので、シェービング剤を塗ったら馴染んで髭が柔らかくなるまで十分な時間をとりましょう。

髭が柔らかくなってから剃ることが、剃り残しをなくすための重要なポイントです。

原因③剃り方

剃り残しを作ってしまうのは、剃り方にも原因があるかもしれません。
シェービングには正しい手順とポイントがあります。

しかし、それを知らず自己流で髭剃りをおこなってしまうと、剃り残しや青髭を作ってしまったり、肌荒れ、カミソリ負けを起こしてしまう原因にもなります。
特に、時間がないことから急いで髭を剃ることになると手順を疎かにすることも少なくないため、剃り残しができてしまいます。

対処法

対処法としては正しい剃り方を知り、実践していくことが大切です。
剃るタイミングもありますが、剃り方には手順やポイントがあります。

先述したようにシェービング剤を使うのはもちろん髭を柔らかくするのに必要ですが、水分が含まれた髭は剃りにくいという特徴があります。

そこでシェービング剤を塗る前に温かいタオルで髭を剃る部分を温めておくことで、毛穴を開かせ、髭を剃りやすくしておくこともポイントです。

また髭を剃る際は、剃りやすい面積の広い部分から髭が生えている方向に剃るとしっかりと剃ることができます。

さらに顎周りや口周りは髭が生えている方向に剃り、剃り終わったら生えている方向と逆に剃ることで深剃りができるので、剃り残しを減らし青髭の対策にもなります。

原因④髭を剃るタイミング

髭を剃るタイミングはいつでも良い、というわけではありません。
時間帯によってはしっかり剃れないことがあり、剃り残しを作ってしまう原因になります。

そのためシェービングをするタイミングも知っておく必要があります。

シェービングをする時間帯でおすすめなのが、起床後の元気な肌の状態で剃ることです。しかし、起床後すぐは睡眠中に皮膚がむくんでいるため髭が埋もれてしまい、しっかり剃れないこともあります。

対処法

対処法としてはシェービングを行う時間を調整することが挙げられます。

起床後15~20分ほどあけて、肌の張りが通常に戻ったら髭剃りをおこなうことをおすすめします。
皮膚が元通りになれば、シェービング剤も馴染みやすく、髭も立ちやすくなるため快適なシェービングをおこなうことができます。

また、起床後が難しいという場合は入浴時や入浴後であれば、肌も温めやすいので毛穴を開くことも容易におこなえます。

02
髭の剃り残しをなくすにはカミソリ選びも大切

髭の剃り残しをなくすためにはその原因を知り、対処をおこなっていく必要があります。

そのなかには、カミソリの管理や交換も挙げられましたが、もともとのカミソリを高性能なものや剃り残しを出しにくいものにしておくなど、カミソリ選びでも剃り残しを抑えることが可能となります。

では、どのようなカミソリがおすすめなのか見ていきましょう。

極シリーズは、上質な肌ケアと深剃りを両立したSchickの主力商品の一つです。

5枚の刃を短いストロークで搭載することで深剃りを可能にしつつ、スキンガードを搭載することで肌の動きをコントロールしながら、肌が食い込むのを防ぎ、滑らかな剃り心地を実現しています。

また衝撃吸収テクノロジーにより肌への圧力を自動調整しながら密着をサポートし、ヘッドを固定するロックボタン機能もあるので、キワ剃りまで処理しやすいので剃り残しをしっかりと抑えます。

極シリーズには「極 敏感肌」という敏感肌用のものもあるので、肌が弱い方にもおすすめです。

クアトロ5

クアトロシリーズはその深剃り性能に加え、切れ味が長持ちするドイツ・ゾーリンゲン製チタンコート刃も特徴の一つとなっています。

5枚の刃を搭載しながら、その間隔を狭めた設計によるコンパクトヘッドと、大型ガードバーが肌を伸ばす効果を与えるので、髭を剃りやすい状態にしてくれるため剃り残しを抑えることが可能です。

また搭載されているデザインカッターがモミアゲや鼻の下などのキワなどを整えることもできるため、細かい剃り残しもなくすことができます。

プロテクター3

プロテクター3は肌を保護しつつ、しっかりと髭を剃りたい方におすすめカミソリです。
搭載されているスキンストレッチャーは髭が剃りやすい状態に肌を伸ばし、6本のマイクロセーフティーワイヤーが肌をシェービングダメージから守ります。

またアロエ・ビタミンEを配合しているアクアグライドによりスムーズなすべりを実現しているので、滑らかに髭を剃り上げます。

そして刃の切れ味を長持ちさせるクリーニングシステムもあるので、替刃にすぐに交換しなければいけないという状態を防ぐことができます。

03
対処法を知り髭の剃り残しをなくそう

外で人と会うような仕事をしている方はもちろんのこと、家庭内にいても身だしなみは重要です。

特に顔は長い時間目を向けられる部分であり、髭の剃り残しは気になるところとなる方も多いでしょう。髭の剃り残しを作ってしまう原因はいくつもありますが、どれも対処法をしっかり理解し、実践していけば剃り残しをなくすことも可能です。

自分の剃り方を見直し、剃り残しができる原因に当てはまらないかどうか、そしてどう変えていくべきか考えてみましょう。

RECOMMEND
おすすめアイテム

あなたにおすすめの記事