Schick

【男性向け】うなじの毛はどうケアする?

#ボディ(体毛) #体毛の剃り方・整え方
【男性向け】うなじの毛はどうケアする?

うなじの毛の処理をおこなう男性はどのくらいいるでしょうか。また、処理をおこなう方法や頻度も様々です。

では実際に男性のうなじの毛の処理事情はどうなっているのか、そして処理方法はどうしたら良いのか、この記事で紹介します。

01
男性のうなじを含む体毛の処理事情は?

 

身だしなみの一環として体毛の処理をおこなう男性も多くいます。

特に髭の処理やケアをおこなう男性の割合は高く、20歳から69歳の男性を対象としたアンケート(※)では、毎日髭を処理あるいはケアをする方は全体の56%という結果が出ています。

また、毎日ではなくても週に1回以上髭の処理あるいはケアをする方は全体の87%です。

同じ顔のなかの部位では眉毛や鼻毛の処理についてのアンケート結果も出ており、その結果によれば眉毛や鼻毛を毎日処理またはケアする方は全体の3%程度でした。

週に1回以上眉毛の処理またはケアをおこなう方は24.5%、鼻毛は41.8%になっています。

この結果に比べて、うなじを含むそのほかの体毛の処理については大きく異なる結果となりました。

毎日体の体毛を処理あるいはケアをする男性は全体で1%程度、週に1回以上でも9.6%という回答結果が得られています。

さらに、体の体毛の自己処理をしていないと答えた男性は57%と半数以上を占めており、男性のなかでは体の体毛を処理するという意識があまりないのかもしれません。

しかし、体毛の処理には、肌を清潔に保てる、体毛を理由としたコンプレックスの解消、肌のトーンアップなど、様々なメリットがあります。

このようなメリットがあることを知ったうえで、これまで意識してこなかった方もうなじの毛などの体毛処理を検討してみても良いかもしれません。

体の体毛は毎日処理する必要はなく、基本2~3ヶ月に1回程度を目安に処理するのがおすすめです。

ただし、毛の濃さや長さが気になるということであれば、1ヶ月に1回程度の処理に頻度を上げるのも良いでしょう。

※シック・ジャパン 美容行動クラスター調査報告書(2021年 全国の20~69歳男性5,000人を対象としたスクリーニング調査)

02
男性のうなじの毛の処理方法

うなじの毛の処理方法はいろいろありますが、完全に処理する方法と整える方法の2通りに分けることができます。

完全に処理する

体毛を根元から完全に処理するのであれば、脱毛・除毛や剃るといった方法が挙げられます。

脱毛・除毛

脱毛だと脱毛テープや脱毛クリーム、除毛でも除毛クリームといった製品を購入して処理をおこなうことになります。

自宅で手軽におこなえるものも多いですが、肌に合わないと肌トラブルの原因になりやすいというリスクもあります。

また、脱毛には医療脱毛やエステ脱毛という手段もありますが、費用が高額なことも多いため試すのが難しいという方も多いです。

剃る

カミソリで剃る方法はメリットが多い処理方法です。

カミソリは種類も豊富で自分に合うものを選びやすく、お手頃価格で手に入れることができます。

また、髭を剃るのにカミソリを使う方も多いため、男性であれば使い慣れている方も多く、うなじの毛であってもスムーズに処理できるアイテムになります。

実際に、髭や体毛処理のためにカミソリを選ぶ方は多く、その理由として「剃り残しが少ない」「手軽に使える」「使い慣れている」という声が挙がっています。

整える

完全に毛を処理したくない、毛を整える程度にしたいという方もいるでしょう。

そのような方には「すく」という方法がおすすめです。

「すく」とは、専用のアタッチメントが付いたカミソリやシェーバー、あるいはトリマーなどを使って毛の量を減らしたり、長さを整えたりする方法で、自然な仕上がりになります。

処理時間も短く、気軽にできて手間になりにくいのも大きなメリットになります。

完全に処理したくない方や、コンスタントに処理したいのであれば、すく方法を検討してみるのも良いでしょう。

03
男性のうなじの毛を処理するのにおすすめのカミソリ

うなじの毛を剃ったりすいたりして処理するためには、自分に合ったカミソリを使う必要があります。

種類が豊富で手に入れやすいのがカミソリのメリットですが、どれを選んだら良いのか迷うという方もいることでしょう。

そんな方のためにも、うなじの毛を処理するのにおすすめのカミソリを3つ紹介します。

極 KIWAMI

極 KIWAMIシリーズは、定番の「極」と敏感肌用の「極 敏感肌」の2タイプがあり、上質な深剃りと肌ケアを両立できるSchick史上最高峰のモデル※です。
※ハンドルの衝撃吸収機能によるシック史上最高

深剃りに適した5枚刃と衝撃吸収テクノロジーによる肌への密着サポートによって、剃り残しを出さず短時間でのシェービングが可能です。

また、通常用の極 KIWAMIにはココナッツオイル(ヤシ油:エモリエント剤)が、敏感肌用にはハーブエキス(トウキンセンカ:保湿剤)が配合されたジェルプールが付いているので、肌を保護しつつ快適な剃り心地を得られるのも特徴です。
うなじの肌トラブルを抑えつつ、理想のスタイルを実現したい方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

クアトロ4

髭もうなじもカミソリで剃りたいということであれば、こちらのクアトロ4もおすすめです。

刃物の本場ドイツ・ゾーリンゲン製のチタンコート刃を採用しており、セーフティワイヤー付きの4枚刃で面積の狭いうなじであっても安全で快適なシェービングがおこなえます。

また、デザインカッターが付いているので、細かい部分まで整えることもできるのはうなじの毛を処理するうえでメリットになります。

マルチボディシェーバー

マルチボディシェーバーは、5枚刃のカミソリと専用のアタッチメントが付いた電動スキカミソリが一体となっており、うなじを含む体の様々な場所の毛を処理することができます。

スキンフィット5枚刃のカミソリは、うなじのカーブに沿ってしっかりと剃ることができ、電動スキカミソリはアタッチメントの長さを4段階で調節することが可能です。

処理をするときの気分で剃ったりすいたりしたい方、うなじだけでなく体のあらゆる部位の毛の処理に使いたい方、部位によって剃る、すく処理で使い分けたい方にはおすすめの1本です。

04
男性もカミソリを使ってうなじの毛を処理してみては?

 

うなじの毛の処理を意識しておこなう男性は少ないかもしれません。

しかし、処理することで得られるメリットはたくさんあり、カミソリを使えば手軽に処理できるので、日常の負担になることもないでしょう。

うなじの毛が気になるという方、処理の仕方について考えていた方はカミソリでの処理を始めてみてはいかがでしょうか。